167のこんな話やあんな話


お金で買えない価値がある
by 167m
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

投票しよう!

衆院選挙も裏であるようだが、11日は勝馬投票券に投票しよう。
比例代表よりも馬番連賞、小選挙区よりも三連単である。
なにしろこちらの投票には払い戻しがある。

京成杯オータムハンデ
コスモサンビーム という馬が出馬する。
2003年にデビュー。5着1回・2着2回・1着3回の後G1を制し2歳チャンピオンとなった。
明けて3歳。日本ダービー(12着)のレース中に骨折が判明。
このときの獣医の診断では競走馬として復帰できる可能性は10%であった。「経済動物」という宿命を背負ったサラブレッドにとってこの確率は致命的な数字である。ビジネスとしてあてに出来ないものに投資は出来ない。
しかし、馬主・調教師は10%の先にある彼の可能性に賭けた。
そして2005年7月31日GⅢ関屋記念。実に1年2ヶ月ぶりの復帰戦だ。4コーナーまではレース勘が戻らないのか最後方だったが、直線を向いたところで思い出したに違いない 「走ることは生きること」 だということを。
人間だったら(今回は休み明けだし、最下位じゃなきゃいいだろ。また怪我したくねーしなー。)位のことは考えるだろう。
しかし、彼は自分の宿命を知っているかのように走った。だが、先頭との差はなかなか詰まらない。すべてのサラブレッドは生きる為に走っている。
結果は5着であった。が、可能性は十分に感じさせる内容であった。

11日はコスモサンビームでアツイ涙を流すべし!
[PR]
by 167m | 2005-09-10 01:04 | 競馬