167のこんな話やあんな話


お金で買えない価値がある
by 167m
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

異文化交流

さぁ!久々(?)に夜の繁華街へ繰り出してきましたよ!

3人で会社付近のラーメン屋で食べた後、目上の人が「新規を開拓したい。」とか言い出した。そして向かったのがフィリピン・ルーマニア・チャイニーズが勤務するキャバクラ(?)。

2人嬢が付いたが俺の横にはなかなか人が来ない。
そうこうする内にテーブルに一人5本くらいの羽が配られる。
この後 ショータイムがあって、チップの代わりに嬢に渡すらしい。

そして、そのショータイム。これが きつい 。ステージで2人の嬢がセクシーダンスを踊るんだが、どうでもいいっつーの。ステージを降りた嬢がチップを貰いにテーブルを回る。
「知るかっ」と思うんだが、チップを貰うまで目の前から動く気配が無い。
てこでも動かない。 動かざること山の如し。
(年貢かよ!)と思いつつしぶしぶ1本500円のチップを渡す。

ながれで2セット目に突入して、ようやく付いたのがルーマニア出身の嬢。いかにもヨーロッパ系の顔立ちの嬢だが名前を聞いたら 「えりデース」とか言う。
・・・予想外 だ。

しかし、トークがかみ合わない!
俺的には 「チャウシェスク!」とか 「コマネチ!」とか言うのが精一杯だ。
なかなかルーマニア人から笑いを取るのは難しい。
盛り上がってる目上の人をよそに、俺は アウェーで試合してるような雰囲気だった。

店を出た瞬間に次の呼び込みがやって来る。
今度はブラジル・ロシア・ルーマニアの店だ。
そこで付いたのはエキゾチックな顔立ちのブラジリアン。名前は何度聞いても聞き取れない。
この嬢がまたかなりのカタコトだった。
どうやら日本に来て1年だが工場で働いてたらしい。

「じゃあ、朝7時頃から働いてるの?」
「ソウ。コドモ7サイ。」
「・・・へぇー。」
などと トンチンカン な会話を繰り広げる。

そしてこの店、国籍不明のママが居るだが、その嬢にすぐ ダメだしをする。

店内にサンバとか流れると、みんな客と踊りだしダンスホール化するんだが、嬢が座ってるとスペイン語(?)で ダメだし
嬢のドリンク(有料)が無いのに気付くとそこでも ダメだし
いつの間にかそのママまでなんか飲んでやがる。

なんだが、気分も乗ってきたんで俺もサンバを踊ってみる。といっても俺は立ってるだけなんだが、ちゃんとできる嬢が踊ってる姿は、さまになっててかっこいい。
一応、俺はパルプフィクションのジョントラボルタ風のダンスで対抗しておいた。

ここでも2セット消化し、店を出るとまたもや呼び込みのフィリピン人がやって来る。
流石に3人でツッコむ。 「もうええわ!」
「チメタイネー!」という呼び込みの捨て台詞を聞きながらタクシーに乗り込み、また飲んでしまったことを多いに反省する3人であった。
[PR]
by 167m | 2006-10-28 05:46