167のこんな話やあんな話


お金で買えない価値がある
by 167m
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Last Flight!

ディープ 最後も快勝

ディープインパクトの最後のレースは「ラスト・ラン」でも「ラスト・レース」でもなくやっぱり「ラスト・フライト」だった。

レースは予告通りアドマイヤメインが逃げて縦長の展開に。
ディープインパクトは何時ものように後ろから三番手。
3コーナー手前から徐々に進出。
観ている方はもうこの時点で勝利を確信。

直線に入った時は、他の馬が走っている中、1頭だけ「飛んで」いた。

しかし、1完歩・1完歩、栄光のゴールへ向かうと同時に、引退にも向かってると思うと(ゴールがもっと遠ければいいのに・・・)という気分にもなる。

レース前の池江調教師のインタビューも感動的だった。
「50年間調教師としてやってきて、こんな宝物が僕の傍に来てくれたことは本当に感謝している。今後、こんな馬にめぐり合うことは無いだろうし(ディープは)『宝物』という思いで一杯です。」


トウカイテイオーの有馬記念くらい感動的なレースだった。

最後に寺山修司の「さらば ハイセイコー」という詩をプレゼントしたい。
Keiba Is Mylife
「JRA文学館」に全文掲載されてるから是非読んでちょ。
[PR]
by 167m | 2006-12-24 16:49 | 競馬