167のこんな話やあんな話


お金で買えない価値がある
by 167m
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

偽ハードボイルド(オチは無い)

近所を散策していたら、洒落た雰囲気のショットバーがあった。
なんとなくバーボンが飲みたいと思い、ふらっと入ってみようと思った。
焼酎は家で飲みたいが、バーボンは家で飲んでると侘しくなる。

オープンカフェ風になってて外からでも店内が全部見える。
テーブルは5~6個、カウンターの椅子は12~13脚くらいか。カウンターの向こうにはずらっと酒のボトルがライトアップされている。フォーマルな格好のバーテンが二人。BGMは控え目なJAZZ。写真が無くて残念だ。

日曜の10時過ぎだけに、客はテーブルに二組とカウンターに2人。
一人で入るのは勇気はいるが違和感は無さそうだ。

入ろうと思って店の看板を見たら、店名の下に「LONDON何とか」と書いてある。
こりゃいかん。
急いで家に帰って、フレッドペリーのポロシャツに着替え、読みかけの本を持って再度店に向かった。

店に入りカウンターへ。
コースターとランプがセットされる。
ターキーのロックを注文。丸い氷で出てくるのが嬉しい。
メニューを見ると葉巻も豊富にあるようだ。

暫くすると、2人組みの女性客がカウンターへ。
これがもし1人だったら、「あちらのレディーに同じものを。」とか言いたくなるような店だ。
[PR]
by 167m | 2007-07-30 00:28

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧