167のこんな話やあんな話


お金で買えない価値がある
by 167m
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:競馬( 104 )

有馬記念&M-1

有馬記念

4番人気ハーツクライ快勝だった。
追い込み一辺倒のこの馬でまさかの先行策。相手関係や脚質までも無視して「自分のスタイルで乗る」というルメールの騎乗も結果から見れば賞賛できる。
明日のスポーツ新聞には「ディープまさかの2着!」的な見出しが躍る事だろうが、俺は現時点での力の差と観ている。まずはじっくり休んで馬体回復を心掛けて欲しい。
それにしても、初の古馬相手で単勝1.3倍っていうのは明らかに過剰人気だ。
まぁ、おかげで三連単305倍をGETできたわけだが(200円)。

M-1グランプリ

優勝は「ブラックマヨネーズ」
確かに完成度の高い漫才ではある。インパクト重視のネタだけに、ここで優勝できなければ来年・再来年といい線は行っても優勝できない「笑い飯」や「南海キャンディーズ」になっていくのは目に見えている。
妥当な結果といえば妥当か。
しかし、俺の中での優勝は「チュートリアル」だ。
ああいう演技力のあるヤツがナンセンスなネタを演じるのは、俺の最も好きなスタイルだ。
マイトロフィーでも送ってやるか。

しかし、これだけお笑い番組が増えると「M-1」といっても新鮮味がねーなぁー。
[PR]
by 167m | 2005-12-26 00:12 | 競馬

結果オーライ

先日の健康診断の結果がでた。
まさかそんなはずは無いとは思うが、あらゆる項目で正常値だった。

闘病生活をブログで公開→出版→ウハウハ
という構図を描いていたんだが、これでは話にならん。

期待していた体脂肪は基準値14.0~25.0に対して18.4。
コレステロールは120~219㎎/dlに対して187㎎/dl。
肝機能のクレアチニンにいたっては0.61~1.04㎎/dlに対して0.73㎎。かなりの余裕残しである。

意外とコンビニフードや居酒屋メニューってヘルシーなんだなぁ・・・
[PR]
by 167m | 2005-12-15 23:32 | 競馬

あなたの、私の夢が走ってます

最近まったく競馬が当たらない。
これはもう朝一から参戦して鍛え直すしかない。っちゅーことで久しぶりに中京競馬場に出陣した。
S指定席を目指したが出遅れてS・A・Bは既に満席。仕方なく1,000円のC指定で観戦。
d0066223_21504733.jpg

普通に野外だ。この時期の中京は異常に寒い。これ指定の意味あるのか?

3万円を400万にする目標で挑んだが、ことごとくあと一歩で勝利が俺の手をすり抜けやがる。
特に自慢することもないので後は写真でお楽しみください。

d0066223_2205685.jpg
1レースパドックの福永ジョッキー。
馬がこっち見てる時は騎手があっち向いてる。
ちなみに彼は次のレースで落馬してその後見ることは無かった。
d0066223_22114273.jpg








6レースパドック。無名の馬だが良く撮れたので。





d0066223_22304480.jpg




メインレース発走前。一応グレードレースなんで客入りはまずまずか。






今日はマイナス収支だったが、何かをつかんだ気はする。
明日は大丈夫だろう。
[PR]
by 167m | 2005-12-10 22:38 | 競馬

投票しよう!

衆院選挙も裏であるようだが、11日は勝馬投票券に投票しよう。
比例代表よりも馬番連賞、小選挙区よりも三連単である。
なにしろこちらの投票には払い戻しがある。

京成杯オータムハンデ
コスモサンビーム という馬が出馬する。
2003年にデビュー。5着1回・2着2回・1着3回の後G1を制し2歳チャンピオンとなった。
明けて3歳。日本ダービー(12着)のレース中に骨折が判明。
このときの獣医の診断では競走馬として復帰できる可能性は10%であった。「経済動物」という宿命を背負ったサラブレッドにとってこの確率は致命的な数字である。ビジネスとしてあてに出来ないものに投資は出来ない。
しかし、馬主・調教師は10%の先にある彼の可能性に賭けた。
そして2005年7月31日GⅢ関屋記念。実に1年2ヶ月ぶりの復帰戦だ。4コーナーまではレース勘が戻らないのか最後方だったが、直線を向いたところで思い出したに違いない 「走ることは生きること」 だということを。
人間だったら(今回は休み明けだし、最下位じゃなきゃいいだろ。また怪我したくねーしなー。)位のことは考えるだろう。
しかし、彼は自分の宿命を知っているかのように走った。だが、先頭との差はなかなか詰まらない。すべてのサラブレッドは生きる為に走っている。
結果は5着であった。が、可能性は十分に感じさせる内容であった。

11日はコスモサンビームでアツイ涙を流すべし!
[PR]
by 167m | 2005-09-10 01:04 | 競馬