167のこんな話やあんな話


お金で買えない価値がある
by 167m
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:映画( 48 )

まつ毛でも買いに行くか

「キンキーブーツ」を観た。

親父の靴工場を継いだ主人公が、経営を立て直す為にドラッグ・クィーン用のセクシーブーツ造ることに。一方、ドラック・クイーンは偏見の多い田舎町で自分を見つめ直す。そんな二人の友情を扱った、非常にオーソドックスなストーリー。

いい意味でも悪い意味でも予想通りにストーリーが展開していく。
正直陳腐な話ではあるが、退屈させないのはドラッグ・クイーンのカッコよさ。

友人も言っていたが、この映画を観ると女装して街へ繰り出したくなる。
フルモンティーとロッキー・ホラー・ショーが好きな人にはお奨め。
★★★☆☆
[PR]
by 167m | 2007-05-14 23:07 | 映画

ドラッグムービーかと思った

「姉のいた夏、いない夏」を観た。

希望に満ちてヨーロッパへ旅立った姉は,遂に帰ってはこなかった。あまりに突然で、あまりに思いがけない死の知らせ……それから7年、妹は姉の死に隠された真実を求め、彼女の足跡をたどる旅に出る。それはこの世から忘れ去られたかけがえのない物語を蘇らせるための旅。そして今の自分を卒業し、新しい自分に出会う旅。


70年代を舞台に、ヨーロッパ各国の美しい風景と当時の学生運動の活動なんかをノスタルジックに描く。
(なんて身勝手な姉妹なんだ!)と思わすにおれんが、思い返せば18歳っていうのは身勝手な年齢でもある。
そんな、身勝手な妹が数週間で成長する様子を描いた作品。

ロードムービー好きなんで「観て損した」とは思わんが、姉も妹もいない俺としてはこれくらい。
★★☆☆☆
それにしてもキャメディの笑顔はいいなぁ。笑顔で見詰められると微笑みを返さずにおれん。
画面の中の彼女に向かって。

因みに、「キャメロン・ディアス主演」と書いてあるが、どう観ても主演では無い。
[PR]
by 167m | 2007-05-05 02:16 | 映画

予習・復讐

先日の銃乱射事件で犯人が送った自分の写真が、映画、「オールド・ボーイ」を意識したものだったとか。
そんな所から思い出して、映画を観てみた(以下、事件の事には触れません)。

この映画面白い。

映画が話題になった時に原作の漫画を読んだけど、どうということ無かった。というか、あんまり記憶に残ってない。
「タランティーノ絶賛」とか言って宣伝文句としてはありがちだし、「カンヌグランプリ受賞」と言ってもパルムドールでは無い訳だし、期待して無かったんだが、良く出来た脚本で引き込まれる。

暴力描写とかエグめのストーリーとか万人受けする映画ではないが、久しぶりに「もっと早く観ればよかった」と思わせる作品。北野武の「座等市」をだいぶ遅れて観た時と同じような感覚になった。

内容、知ってる人はわざわざ観る必要ないが、知らない人にはお奨め。
★★★★☆
[PR]
by 167m | 2007-05-02 00:39 | 映画

それ、何メーター?

ブルース・ウィリス主演「16ブロック」を観た。

大爆発も派手な銃撃戦も無く地味な印象。というか、アクション映画ではない。

「情」とか「自己犠牲」とかといった東洋的感覚を横糸にした作品。何となく「レザボア・ドッグス」をイメージさせる。
ハリウッド映画しか観てない人は「なるほど」と思うかも知れないが、我々が観てもたいして面白くない。そんなことは手塚治虫が何年も前に言ってたよ。ってくらいのもんだ。
縦糸は「人は変われる」っていうストレートなメッセージ。

どっちかといえば、有名俳優とか使わずに、徹底した低予算で新人監督が撮った方が面白くなりそうな脚本。
★★☆☆☆
唯一、好きなのは助演の黒人俳優の声質。
トッポ・ジージョみたいだ。
[PR]
by 167m | 2007-04-21 01:11 | 映画

社会派 タイムリー

<発電所不祥事>電力12社が総点検結果を報告

このニュースを観て、昔の映画で原発事故を扱った社会派サスペンスがあるという噂を思い出し、探して借りてきた。
チャイナ・シンドローム

これが面白い。
スクープを狙う女性ジャーナリストと、誰も傷つかないことを願う原発の制御室長。
利益を追求する電力会社上層部と、圧力に弱いマスコミ。巨大な権力を持つ建設会社。
ありそうな話だ。

しかし、映画とニュースを比べてみると、現実の方が恐ろしい。
映画では、リスクを背負ってでも事実を公表しようとするヒーローがいたが、現実では組織で一致団結して隠蔽してるんだから。

1979年の作品だが、これは今観ておきたい映画だ。
★★★★☆
[PR]
by 167m | 2007-04-01 02:13 | 映画

タイトルは良いが・・・

2005年公開の邦画『亀は意外と速く泳ぐ』を観た。


お笑いで言えば「おぎやはぎ」、漫画で言えば「中退アフロ田中」とかゆる~い系の笑いは結構好きなんだが・・・
それなりに話題になってて期待して観たんだが・・・

確かに、ユルイ。そしてシュール。しかし面白くない。
大人の女性が観たら面白いのかも解らんが、これは俺が見るべき映画では無かった。
★☆☆☆☆

この映画にも出ていた蒼井 優主演の「フラ ガール」は昔住んでたいわきが舞台だけに、そのうち観てみようとは思う。
もちろん、(蒼井 優)よりも(蒼井 そら)の方が観たいわけだが。
[PR]
by 167m | 2007-02-25 00:56 | 映画

一年遅れ

昨年のアカデミー賞受賞作クラッシュを観た。

内容知らずに観たら、テーマは人種差別だった。

人種差別を扱った映画といえば、大昔に観た「ミシシッピー・バーニング」を思い出す。
(あんなHeveyな映画だったら今観る気しないなぁ)と思ったが、60年代と現代・ミシシッピーとLA。時代と地域の違いもあり、あそこま悲惨な映画ではなくて良かった。

人種間の偏見を両側の立場で客観的に写し、銃社会という異常性も捕らえる。
まさに、アカデミー賞を狙い撃ちしたような脚本。

しかし、重いテーマを含んではいるが、押し付けがましい主張は無く、群像劇としての完成度が高い。寧ろそんな重いテーマじゃなくてもいいのに。と思うくらいだ。
マグノリアとか好きな人にもお奨め。
★★★☆☆
[PR]
by 167m | 2007-02-18 03:33 | 映画

4連発

ヒストリー・オブ・ヴァイオレンスを観た。


デヴィッド・クローネンバーグって、(ネバネバ、ベタベタしたモノをこよなく愛する変態監督)といったイメージが強くてあんまり観てないが、これは面白かった。

普段は奇麗事を言っていても、人間は自分や自分の愛するものを守る為なら、容赦なく相手に対して暴力を振るう。そして、暴力がもたらす自身と他人への影響を淡々と描く。
なんというか、変態監督が我慢してヒューマン・ドラマを撮ったような・・・

主役のヴィゴ・モーテンセン(よく知らないけど)の演技もよい。
★★★★☆
[PR]
by 167m | 2007-02-12 09:49 | 映画

今回はハリウッド系

M:i-3を観た。

良くも悪くも王道ハリウッド映画。
「たまにはアクション超大作でも観よか。」って心理状態の時にはピッタリだ。
撃合い・カーチェイス・爆破どれもド派手で金が掛かってていい。
また、監督は「LOST」とかTVドラマで活躍してる人らしく、最後の方は確かにTVドラマっぽい展開だった。

一つ苦言を呈するならば、西部警察で言う石原裕次郎的な役でモーフィアスが出てたんだが、この配役はイマイチだ。
★★★★☆

主演のトムさんはプロモーションで来日した時に「Ⅳは日本で撮りたいね」なんてのたまわってたが、今となってはそれこそ「ミッション・インポッシブル」だ。
[PR]
by 167m | 2007-02-11 03:09 | 映画

YOUがこんなヤツとは思わなかった

TVでダイハツ・ミラのCMを観て、(確かこの親子は数年前に話題になった邦画と同じキャストだよな)と思い、とりあえず借りてきた。
「誰も知らない」


母親役のYOUと、この映画で最年少でカンヌの主演男優賞を獲った、難しい名前の少年。
悲惨な話だが、大げさじゃなくジメジメ撮ってない点は好感が持てる。
昔の邦画のように、「さぁ、ここで泣いて下さい」的な演出じゃなくてよかった。
この映画は実話を元にしているとはいえ、現代社会がどうこうとかメッセージを読み取ろうとしてはいけない。それを考えながら観るとおもろないから。

悲惨なことを淡々と伝える雰囲気はジョン・アーヴィングの「ホテル・ニューハンプシャー」を彷彿とさせる。
★★★☆☆

あらためて、ミラのCMを観ると、名前の難しい少年に「おまえ!あの時の恨みを忘れたのか!」と思う。
[PR]
by 167m | 2007-02-09 01:00 | 映画