167のこんな話やあんな話


お金で買えない価値がある
by 167m
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:食物・飲物( 36 )

アマ~イ!

みたらし団子がグミになっていた | Excite エキサイト
インターネットやキャバ嬢の間でも話題になっていたグミが売ってたんで買ってみた。

ノーベル製菓 みたらし団子グミ

食べてみると、食感は良いんだがベタベタと甘ったるい。
白い餅風の何かに醤油のような餡のような何かが入っている。

「和風のグミ」って商品コンセプトはおもろいが、これは酒飲みの俺には甘すぎる。
なんとなく本物のみたらし団子が食べたくなった。


因みに姉妹品の「いちご大福グミ」っていうのも売ってた。
甘党の人は試してみれば?
[PR]
by 167m | 2006-12-13 00:20 | 食物・飲物

ボージョレだかボジョレーだか

一応今年もボージョレ・ヌーヴォを飲んでみた。
いろんなのがある中で選んだのは「ブシャール・エイネ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォ」
d0066223_1132295.jpg

何故、これを選んだかというと、一人暮らしにうれしい375mlのハーフボトルがあったから。

飲んでみると、新種(ヌーヴォ)の割りにこくがあり意外と飲み応えがあって旨い。
去年や一昨年と比べてどうかといわれても味は覚えてないんでなんとも言えないが、今年のできもまぁ悪くは無いだろう。

ところで、今は芋焼酎メインで飲んでるが、昔、ポリフェノールが体にいいというのにそそのかされてチープな赤ワインに凝った時期があった。
1,000円前後のワインをあれこれ飲んだが、一番旨いと思ったのはサンライズ カベルネ・ソービニヨン
ミディアムボディーらしい、ずっしりとしながらもフルーティーな味わいの中にスパイシーな風味がある。

まだ飲んだ事ない人は一度お試しあれ。

しかし、家で一人でワインを飲むと確実に飲みすぎる。
[PR]
by 167m | 2006-12-10 01:34 | 食物・飲物

ミソニコフ・クイタビッチ

今日は寒い!
こんな寒いときはやっぱり名古屋らしく、味噌煮込みうどんだな。
例によって近所のスーパーに行ったら、またまた良さ気なのが売ってた。
d0066223_2240428.jpg

沸騰すると味噌煮込みのなんとも良い香りが部屋中に充満する。
換気扇かけるの忘れてた。

それはさて置き出来上がり。火にかけるだけとはいえ、旨そうにできた。
d0066223_22455196.jpg

これは旨い!!
[PR]
by 167m | 2006-12-03 22:46 | 食物・飲物

えびパラダイス

先週、海に行ったついでに寄ったのがここ。えびせんべいの里

ここは隠れた観光スポットになっていて、休日とかは観光バスがずらっと並ぶ。

人気の秘密は恐るべし太っ腹経営方針。

合理的でシンプルな体育館のような建物にワゴンに山積みされた各種えびせんべい。
わさび味やら梅・チーズ・みりん揚げetc・・・殆どの商品が1袋500円。
40種類位はありそうだ。
d0066223_22321999.jpg


凄いのはここから。ワゴンの横にそれぞれ試食用のタッパが置いてある。
店員はレジにしかいないんで、どれだけ試食しても注意する人がいない。
実質、食べ放題。なんだか、金払って買うのがバカバカしくなる。

更に、一段下のフロアに降りると「休憩コーナー」っていうのがある。ここはなんとコーヒー無料。
まったく、意味が解らん。
d0066223_2233460.jpg

旨そうに撮れた。
[PR]
by 167m | 2006-12-03 22:33 | 食物・飲物

レイズンウィッチ

向こうのブログにレイズンウィッチについてコメントしたところ、何の偶然か実物が手に入った。
d0066223_003170.jpg
これはどうやら御茶ノ水小川軒の産駒らしい。


北海道土産でおなじみのバターサンドと比較されることが多いが、食べてみれば解るとおり、向こうはバターが主役だが、こちらはレイズンに力が入っている。

d0066223_084993.jpg


食べると崩れそうになるサクッとしたクッキーとふんわりクリーム。
程よく入ったレーズンはブランデーの風味がたっぷり。
バターサンドよりもほんわりテイストが味わえる。

まぁ、それはさておき明日のマイルチャンピオンシップ。
既に、背水の陣を敷いた俺としては絶対に負けられない。

人気は天皇賞を勝ったダイワメジャーが集めているが、この馬切れる足は無い。
となれば、後ろからこの馬マークで行けば楽に勝たれることは無いだろう。
ここは、世界の名手デットーリに期待して①コートマスターピース◎。
ベストの条件で挑めるマルカシェンクが対抗〇。
▲はダイワメジャー、ダンスインザムード辺りか。

ここで負けると、人生の戒厳令を発動することになる。
[PR]
by 167m | 2006-11-19 00:28 | 食物・飲物

Goodnight Saigon

タイトルで引っかかってきた人、こんにちわ。

今日、ベトナム料理店へ行ってきた。

ベトナム料理で馴染みがあるのは生春巻きとフォーくらいか。
携帯で撮った写真なんで解りにくいと思うが、どちらもなかなか旨い。
d0066223_214296.jpg
d0066223_2143911.jpg
「ベトコンラーメン」っていうのもベトナムの郷土料理だと思ってたが、それは違うらしい。


料理を注文する前から、ハーブ系の野菜や薬味とオイル各種がテーブルに運ばれる。
どうやら、「次から頼むものに勝手に巻くなり付けるなりして食べろ。」ということらしい。

まぁ、日本でいえば串カツ屋に行ったときに、最初にキャベツが運んでこられるのと同じようなもんだろう。

その薬味の中に輪切りの小さい唐辛子らしきものがある。
そして、それが辛い!!

これは、明らかに生涯で食べたものの中でも最も辛い。食べた瞬間に汗と油が全身から噴出す!

「暴君 ハバネロ」?あんなもん所詮はスナックじゃん。
と思えるくらい辛い。というか痛い。まるでダチョウ倶楽部の上島竜平になったようなリアクションをとってしまう。

いや~、ビックリした。こんな辛い物が世の中に存在するとは知らなかった。

世間には辛さを売りにしたスナックやらいろいろあるが、ここまで辛いと一般からは決して受け入れられないだろう。

長州小力はバラエティーで大活躍だが、本物の長州力がバラエティー番組でクローズアップされる事はないのと同様だ。
[PR]
by 167m | 2006-11-05 02:34 | 食物・飲物