167のこんな話やあんな話


お金で買えない価値がある
by 167m
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Tommy Conwell & The Young Rumblers/Love's On Fire

1988年発売の1stアルバム「Rumble」より。

トミー・コンウェル&ザ・ヤング・ランブラーズ/Love's On Fire

いかにも80年代のストレートなアメリカン・ロックだが、声がいい。
天竜源一郎か?と思うようなハスキーボイスにノーテンキでは無く、郷愁を含んだメロディー。
発売当時はそこそこ売れてた。

この後、地味めな2ndアルバムを出して消息不明に。2ndにもイイ曲あったんだけどなぁ。
それにしてもジャケットと違って微妙な髪型だ・・・

このCDは先日実家に帰った時に観たらまだあった。国内盤は廃盤のようだが、特にプレミアがついている気配はない。
[PR]
by 167m | 2007-03-31 01:59 | 洋楽 音故知新

行ってきたぞ

高松宮記念

25日、日曜日。7:30に起床して中京競馬場まで行って来た。
なにしろ、今日は中京競馬場で唯一のG1レース、「高松宮記念」だ。

1レースからフルに参戦して8レースが終わった時点で収支はほぼトントン。
これはまぁ予定通り。問題は9レースから。
ここからは三連単で勝負。

d0066223_02354100.jpg

この辺までは混んでるといってもパドックで前の方まで行くことができた。

d0066223_0261048.jpg

しかし、メインレースのパドックでは人多すぎでこれ以上近づけない状態に。

d0066223_02731100.jpg

発走前のゴール前付近。人多すぎ。

馬券の方はさっぱりだった。
9レースで結構衝撃的な落馬事故が起きて、煽りを食って買ってた馬は惨敗。
10レースは三連複は取ったが、勝負した三連単は写真判定の結果鼻差でハズレ。
メインの高松宮記念。
混戦模様でいかにも荒れそうな気配。
いやいや、こういう混戦模様の時こそ堅く収まるもんだ。という法則に乗っ取って3番人気のエムオーウィナー・4番人気のマイネルスケルツィ・このレースで引退となる熟女シーイズトウショウを厚めに買う。

もし、6着7着8着を当てる馬券があれば当たってたんだが。
[PR]
by 167m | 2007-03-27 00:50 | 競馬

Gin Blossoms / Follow You Down

96年発売のジン・ブロッサムズの2ndアルバム「コングラチレイションズ・アイム・ソーリー」に収録されているキラーチューン。

「フォロー・ユー・ダウン」

日本ではあんまり売れてないが、この前のアルバムの曲がカレッジチャートでずーッとチャートに入ってたとか。

下積み時代のマイケル・J・フォックスとかジョシュ・ハートネットとかが出てくるような安い学園ドラマにピッタリハマリそうなキャッチーなメロディー。
日本でも今からでもドラマとタイアップすればリバイバルでヒットしそうなんだがな。

このバンドはこのアルバムの後、惜しまれつつ解散。と思ってたら2006年にひっそりと再結成。アルバムもでているようだがまったく話題にならなかったな。どうやら国内盤は発売されないようで。

しかし、この手の曲は飽きるのも早い。
タイプは違うがムーディー勝山くらい飽きるのは早い。
[PR]
by 167m | 2007-03-23 00:42 | 洋楽 音故知新

キャバを文学まで高めるテスト

馴染みのキャバ嬢からメールがあった。
店を辞めて、昼間働くと言う。
いいことだ。

店に来てとは言わなかった。
「今までありがとう。また会いましょう。」
嬢は言う。

嬢には新しい未来が。
俺は俺でやるべき事があるはずだ。

もう、会うことは無いと思う。
振り向くな、振り向くな。後ろには夢が無い。
思い切ることにしよう。所詮、彼女は一夜の夢。

孤独という泥沼の中から踏み出す為の第一歩。
1セット6,300円の安易な切り札。

それ以上でも以下でもない。

振り向くな、振り向くな。
後ろには夢が無い。


意外と良くできた詩に思えるがどうだろう(パクリだが)?
[PR]
by 167m | 2007-03-21 02:23

グエルムだと思ってた

昨年話題になった韓国映画グエムル 漢江の怪物を観た。

モンスター・パニック映画ではあるが、ユーモラスな映像で緊迫感は少ない。

主人公のオヤジがさらわれた娘を取り戻す為、家族で怪物に立ち向かう話だが、
ヒーローとは言いがたいカッコ悪さ。この設定が評価された要因か。

・カッコ悪いヤツが一生懸命がんばる。
・家族の絆
・体制批判
・反米的な設定
と監督が考えてることを羅列したような内容でいろいろ詰め込まれているが、肝心の怪物の詳細については説明無し。

ハリウッド的な「怪物出現→主人公ピンチ→一発逆転→ハッピーエンド」とは違う雰囲気を狙って撮ったという意図が見える。
おもろいことはおもろいが、途中、かなりだれる。
もうチョイ、緊張感があった方がいいな。
★★★☆☆
[PR]
by 167m | 2007-03-18 11:41

よくある話?

<立ち食いそば店>ネズミ入りカレーで18食 新小岩駅

この記事で昔の出来事を思いだした。

何年も前の話だが、昔、職場の同僚3人で立ち寄ったラーメン屋で、同僚が頼んだラーメンにノミが入ってた事があった。
黒ゴマかと思いきや、どう見ても足がある・・・

俺は違うタイプのラーメンを頼んでたので余裕があった。
そこで、なぜノミが入っているのか推理してみた。
ノミってヤツは跳ぶにしても20Cm程度だろう。床にいたヤツが自力で鍋かどんぶりまでジャンプするとは考えにくい。
スープを作る鍋にねずみが飛び込み、流石にヤバイと思った店のオヤジがねずみだけ取り除いてそのまま出したに違いない。

その時は推測の域を出なかったが、この事件を見て確信した。
こういうことは良くあることなんだ。

この店も冷静に対処して、「新しい香辛料です。」とか「大丈夫。具ですから。」とか言ってたらおもろいんだが。
「大丈夫です。洗ってありますから。」でもいいな。
[PR]
by 167m | 2007-03-15 00:31

Joan Osborne/One of Us

95年発表の「ジョーン・オズボーン」の1stアルバム「Relish」より。

大Hitシングル「One of Us」

「Best Of 90’s」とか作ったら確実に押さえときたい名バラードだ。

因みにこのアルバムは結局買わなかった。この曲以外まったく聴いたこと無い。活動は今でもしているようだが、どうもパッとしない。才能のある人だと思うんだがなぁ・・・
いっそのこと、OZZYと組んでファミリーに加えて貰うのも手では?
[PR]
by 167m | 2007-03-14 00:53 | 洋楽 音故知新

海鮮丼

今日は海までセミロングドライブ。
といってもデートではなくファミリーで墓参りへ。

昼に寄ったのがここ
で頼んだのが海鮮丼。
d0066223_2311417.jpg

このどんぶりと、ブリの切り身の煮付けとあさりの味噌汁。更にちっちゃい茶碗蒸しと漬物がついて1,800円。
高いのか安いのかはよく解らんが旨かった。
一つだけ苦言を呈するならば注文してから出てくるまでが長い。たまたまか?
[PR]
by 167m | 2007-03-11 23:28 | 食物・飲物

合コンだよ。全員集合!

先日、合コンを行った。幹事は私だ。
なにしろ計画を建てて、物事を実行するっていうのが大の苦手なんでホントに苦労した。
まずは人選。
「周りを自分以上の不細工で固める」という荒業を使おうかとも思ったが、相手に気を使い、2名のヴィジュアル担当と2名のトーク担当。残りは自分の5人の布陣で挑んだ。相手もかなり年齢の幅がありそうなんで、こちらも年齢バラバラで。

なんとか当日を迎えて、それなりに楽しいコンパになった。
しかし、ヴィジュアル担当2人出したのは気前が良すぎたな。これでは俺の出番が減る。
もうちょっと出し惜しみしとくべきだった。

サトエリが別れたようだし、ちょっと狙ってみるか。誰か紹介してくれないかなぁ。
ウタダでもいいけど。
[PR]
by 167m | 2007-03-10 23:09

Nuclear Valdez/Summer

1990年発売「ニュークリア・バルデス」の1stアルバム「I am I」より。
『Summer』

このバンドは、いかにもB級な空気を醸し出してたが、当時のHard Rockファンの間ではそこそこ売れてた。
このての郷愁漂う曲は昔から好きだ。
特にこのバンドはフロリダ出身ながら南米系移民で構成されておりラテン系の情熱も感じさせる。
かなり好きだったバンドだが、メンバーはそこそこのHITでは気に入らなかったのか、ガラッと音楽性を変えて、なんともならん2ndアルバムを出してたなぁ。1回聴いて叩き割ろうかと思った。
今では、どちらも廃盤のようだが。

B級で終わった要因にこのジャケットもあると思われる。

聴いたこと無い人は間違えなく買わないタイプのジャケットだ。

流石に、国内版では写真を替えてリリースしてたが、「Summer」の邦題は「涙のサマー」だった・・・
[PR]
by 167m | 2007-03-09 00:02 | 洋楽 音故知新

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧