167のこんな話やあんな話


お金で買えない価値がある
by 167m
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

偽ハードボイルド(オチは無い)

近所を散策していたら、洒落た雰囲気のショットバーがあった。
なんとなくバーボンが飲みたいと思い、ふらっと入ってみようと思った。
焼酎は家で飲みたいが、バーボンは家で飲んでると侘しくなる。

オープンカフェ風になってて外からでも店内が全部見える。
テーブルは5~6個、カウンターの椅子は12~13脚くらいか。カウンターの向こうにはずらっと酒のボトルがライトアップされている。フォーマルな格好のバーテンが二人。BGMは控え目なJAZZ。写真が無くて残念だ。

日曜の10時過ぎだけに、客はテーブルに二組とカウンターに2人。
一人で入るのは勇気はいるが違和感は無さそうだ。

入ろうと思って店の看板を見たら、店名の下に「LONDON何とか」と書いてある。
こりゃいかん。
急いで家に帰って、フレッドペリーのポロシャツに着替え、読みかけの本を持って再度店に向かった。

店に入りカウンターへ。
コースターとランプがセットされる。
ターキーのロックを注文。丸い氷で出てくるのが嬉しい。
メニューを見ると葉巻も豊富にあるようだ。

暫くすると、2人組みの女性客がカウンターへ。
これがもし1人だったら、「あちらのレディーに同じものを。」とか言いたくなるような店だ。
[PR]
by 167m | 2007-07-30 00:28

これは無い

リトル・ミス・サンシャインを観た。


田舎町アリゾナに住む9歳のオリーブ。なんともブサイクでおデブちゃんな彼女が、全米美少女コンテストでひょんなことから地区代表に選ばれた。オリーブ一家は黄色のオンボロ車に乗り、決戦の地カリフォルニアを目指すことに。人生の勝ち組になることだけに没頭する父親、ニーチェに倣って信念で沈黙を貫く兄、ゲイで自殺未遂の叔父、ヘロイン吸引が原因で老人ホームを追い出された不良ジジイ、そしてバラバラ家族をまとめようと奮闘する母親。そんな落ちこぼれ家族の、奇妙でハートフルな旅が始まった……!


「たまには、ハートウォーミングなコメディでも観るか。」と思い借りてきた。

もうちょっとオモロイかと思ったんだが・・・
俺はまったく受け付けないタイプの映画だった。
ミスコンのシーンなんて、なんともいえない気持ち悪さを感じる。
動物虐待みたいだ。

基本的に俺は子役が嫌いなことを忘れてた。
「ホームアローン」のガキとか、「ターミネーター2」のガキとか観てるとイライラする。
「ニューシネマ・パラダイス」のトトは好きだけど。

★☆☆☆☆
活字で読んだ方がいいかも。
[PR]
by 167m | 2007-07-28 01:50 | 映画

They Say Yas I Say No

特に欲しいものがあった訳ではないんだが、ジャズドリーム長島に行って来た。
前回気付かなかったが、JUICY COUTUREのアウトレットがあった。
手ぶらで帰るのもなんだし、なんとなくメッセージも気に入ってTシャツ購入。
d0066223_23201253.jpg

50%OFFでも6,300円。高い。
特別物が良いという感じもしないんだが・・・
定価で買う人なんているのか?
次に香港男に誘われた時に着て行く可能性大だが、俺が着たら3,000円くらいのTシャツにしか見えないだろう。

ジーンズは13,000円くらいで売ってたが、予算OVERで辞め。
AGのジーンズはもっと高かった。

どうですか?L.A.滞在記の人。

帰宅後、ビリーに再入隊。
前回同様、スクワットから始まり腕立てへ。
2日目も基礎トレーニングだから、基本の動作をもう一度やるんだな。
と思っていたが、15分程こなしたところで、間違えて1日目のプログラムをまたやってる事に気づく。
なんだか、物凄く損した気分だ。

どうせなら、効果を目で見える形にしようと思い、スーパー銭湯で体重と体脂肪を計ってきた。
体重64.4Kg、脂肪率19.7%。
何故か体脂肪が減っているのはビールを糖質0の発泡酒に替えたからか?
[PR]
by 167m | 2007-07-22 23:55

Wheatus/Teenage Dirtbag

2000年発売のウィータスの1stアルバム「ウィータス」より

Teenage Dirtbag

1度聴けば忘れない、軟弱系ギターポップの名曲。
P.V.も80’Sテイストでなかなか。

国内盤は「すべてのルーザーへ」とかいう良く解らない帯が付いてた。
てっきりアルバム1枚で解散したと思ってたが、2ndアルバムを出すときレコード会社ともめて暫くなんともならん状況になっていたらしい。
自分がルーザーになるとは流石だ。
[PR]
by 167m | 2007-07-22 01:27 | 洋楽 音故知新

切ない結末

「仕立て屋の恋」を観た。
これは男性に観て欲しい恋愛映画だ。


孤独で無口な仕立て屋のイールは、向かいの部屋に住む魅力的なアリスの姿を1人のぞき見ながら、彼女への想いを募らせてゆく。アリスは彼を利用すべく徐々に彼を誘惑。彼女の裏切りを感じながらも、彼が貫いた愛の結末は…。



不器用で冴えない中年男性の純愛を描いた、悲しい恋の物語。
フランス映画らしい抑えた演出でせつなさが際立つ。
当然ハッピーエンドに向かう筈は無く、やるせない結末に。
観終わったあと「なんてことだ・・・」と思うに違いない。
これは名作。
★★★★★

さて、俺も恋をしなければ!
恋は「喜びを与えてくれるもの」だから。

昨日の娘にメールしてみよう。
すぐ返信が来た。
「送信メールエラー ユーザーが見つかりません。」

なんてことだ・・・
[PR]
by 167m | 2007-07-16 12:15 | 映画

敵か味方か

今日夕方、香港男から電話があった。
「今、ねるとんに来ている。この後2人組みと飲み行く。チャンスだから来い。」
え~と、俺そういう依頼を出してたっけ?

丁度他の事をしようとしてたとこなので、まずは断る。
「何いっとんの!そんなの明日やればいいが。一人は井上和香に似てるぞ。B-CUPくらいだけど。」

B-CUPの井上和香ってどの辺が魅力なの?という気がしないでもないが、どうやらもう一人を本気で狙うのか?という気配だ。

もし、俺が長州力ならば「俺は噛ませ犬じゃねーんだぞ!」と反旗を翻す所だが、本気ならば協力は惜しむまい。

行ってみるとヤツが狙っているのは23歳。その友達は28歳。師弟関係にあるらしやはりくサシで会うのは難しい状況だったようだ。
まぁ、井上和香には似て無いが悪くは無い。
しかし、休みが合わない・住所が遠いことから恋愛に発展するのは難しそうだ。

この何週間かで随分いろんな人とメアドを交換した。
が、今のところ発展する気配が無い。

どうやら俺に足りないのはエロリビドーだ!

これは恐らく及川奈央のせいだろう。

来週あたり、及川奈央を相手取り訴訟を起こそうかと思う。
「私に彼女が出来ないのは貴女がリビドーを奪うからだ」と。
[PR]
by 167m | 2007-07-16 02:37

俺の時と違うじゃねーか

青春映画の名作との呼び声が高い「あの頃ペニー・レインと」を観た。


1973年、弱冠15歳にして「ローリング・ストーン」誌の記者に抜擢され、あるロックバンドのツアーの同行記事を書くことになった少年ウィリアム。旅の中で知るミュージシャンたちとの友情、ジャーナリストとしての葛藤、そしてせつない初恋が当時のロックとともにつづられる佳作映画である。


甘酸っぱくてほろ苦い、いかにもな青春映画。笑いのセンスもなかなか。
いい映画だけど、ちょっと15歳という年齢を美化し過ぎか?
自分が15歳の頃はもっとアホでもっと怒ってた。

しかしこの映画、監督の実体験が基になっているらしい。
人間としてのデキの違いか。

★★★☆☆

話替わって、昨日香港男がパーティーで知り合った30歳2人と4人で飲んだ。
頼んでもいないのに、香港男が勝手に俺をメールで紹介してた。
本人にまったく悪気は無いんだが、ほっておくと一方的に俺を売り込んで恩着せがましいことの1つも言い出しそうだ。
「俺の方も気に入るかどうかわからんから、余計な営業は辞めてくれ。」とよーく言っておいた。

故ジャンボ・鶴田が引退の時インタビューで藤波辰巳との対戦が実現しなかった事に答えて、
「ああいうメディアを使って一方的に対戦を要求するやり方は、筋が通らず納得できなかった。」
的な発言をしていたのを思い出す。

まぁ、おもろかったからいいけど。
[PR]
by 167m | 2007-07-15 01:23 | 映画

ねるとんその後

昨日、ねるとんの人と食事に行ってきた。
成り行き上、サシで会うことに。

近所なんで、歩いて行ける範囲のお好み焼き店へ。
その後、近所のバーでダーツにチャレンジして、自宅付近までお見送り。
それなりに楽しかったのだが、今後、恋に発展する可能性は低そうだ。

一方、香港男はといえば・・・
金曜日、TELがあって飲みに行った。何でも「俺は今、怒っている」とのことだ。

本人は「ある会合」と言っていたが、どうやら、単身でねるとんパティーへ挑んだらしい。
ところが、受付で2年半前にドタキャンしている事が発覚。
受付のアルバイトに2年半前のキャンセル料を請求される。
「ちょっとまて、あなたはいったい何を言ってるんだ」と。

まずは、責任者を呼び、いかに相手の主張に正当性が無いか力説する。
この間、後ろに他の参加者の大行列が出来上がったそうだ。
しかも、現場では解決できず、本部からの連絡待ちとのこと。

う~ん、それ悪いのあんたじゃないのか?
[PR]
by 167m | 2007-07-08 12:29

太陽のバカヤロー!!

日焼けし過ぎの膝のあたりに遂に水ぶくれが出来始めた・・・
未だに真っ赤で常に何かに引っ張られてるような状態。
曲げてる状態から伸ばすと無茶苦茶イタイ。
逆ももた真なり。

「日焼けしたから仕事休みます。」
という訳にもいかず、会社には行っているが歩くのも困難な状況だ。

こんな時、俺は心の底から
(あ~、俺は競走馬じゃなくて良かった。)
と思う。
[PR]
by 167m | 2007-07-04 23:21

KISS KISS

今日は5:30出船でキス釣に行ったきた。
d0066223_22143452.jpg

これがガンガン釣れる。大きさは15~25㎝くらいか。

しかし、餌(ゴカイ)をつけるのと釣れたキスを針から外すのが結構めんどくさい。
また、時々キスに混じってマゴチっていう小さい魚が釣れるんだが、コイツが触るとヌルヌル
ベタベタして気持ち悪い。そして、コイツを触ると手が滑って一段と餌を付けにくくなる。

ホイホイと20匹程釣り上げた段階で飽きてきた。
大き目のヤツはそれなりにアタリがあっていいんだが、巻いて、外して、餌を付けるという流れ作業を黙々とこなすような気分に。

しかも、7人乗りの小さい舟でかなり揺れる。狭い船内で脚も伸ばせず、立ち上がるわけにもいかず、エコノミー症候群になるかと思った。

d0066223_22274694.jpg

それでも、2人で60匹くらい釣ったと思う。
天ぷらにして食べたら旨い。が、多すぎる。

快晴ではなかったが脚と腕が大変な事になった。
d0066223_22343923.jpg

胡坐に近い体勢でいたら、赤と白の見事なツートンカラーに。
物凄く痛い。そしてアツイ。

これだと、体の前と後ろが非常に解り易い。
せめて、黒と白だったらシャチみたいでカッコいいんだが。
[PR]
by 167m | 2007-07-01 22:40

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧